遠い日の花火

作詞:ニコラス・エドワーズ    作曲:ニコラス・エドワーズ

夏の宵越し 咲いた花に
染まり色めく 君の横顔
すぐ側にいるはずなのに
はるか遠い日の忘れ形見

いちばん星が北を指し
果てしない宇宙を切り裂くように

儚く打ち上がる想い
見渡す限り鮮やかに
七色の夜空を見上げ
君は何を祈るだろう
今宵も遠い日の花火

川風運ぶ 煙の中で
あまりに静かな願いを謳う
いつの日にかも叶わないと
知りながら僕は瞳を閉じた

瞼の裏からも見える
眩しい景色に心が揺れる

儚く打ち上がる想い
高鳴る鼓動のように
胸の奥まで響き渡り
人は明日を想うだろう
今宵も遠い日の花火

いちばん星が北を指し
果てしない宇宙を切り裂くように

儚く打ち上がる想い
見渡す限り鮮やかに
七色の夜空を見上げ
君は何を祈るだろう

儚く打ち上がる想い
高鳴る鼓動のように
胸の奥まで響き渡り
人は明日を想うだろう
今宵も静かに夢見
今宵も遠い日の花火