よくばりポンパドール
収録アルバム
黄金蟲<初回盤B>
アーティスト
HIP ATTACK
リリース月

よくばりポンパドール

作詞:大橋莉子    作曲:大橋莉子

鏡の中の私の 髪はボサボサして
まるで召使い シンデレラみたいだわ
今日はキミに会えるから 可愛くならなきゃね
胸のトキメキは 加速し続ける

おでこを出して 街に出掛けに行こう
麦わら帽子 飛ばされないように 握って

よくばりなポンパドール
きらめく真夏の予感
頑張ってセットをしても
キミの背が高すぎるよ
不器用なポンパドール
勇気を出してゆこうよ
ありのままの素顔なら
きっと笑顔になれる気がする

都会から抜け出したら 近付く海岸線
眩しいくらいに 太陽は輝いて
鮮やかなパラソルたち 砂浜のアクセント
潮風がそっと髪を揺らしたよ

電車に揺られて 眠ったふりをすると
何秒後かに キミが隣からキスをした

よくばりなポンパドール
独り占めしたくなるよ
どんな時もキミのこと
ずっと考えてしまう
無防備なポンパドール
「最高の笑顔 みせて?」
巡る季節 いつだって
隣にはキミがいてくれる

人混みにまぎれたって
どんな場所にいたって
この気持ちは永遠にずっと(ずっと)
変わらないから

よくばりなポンパドール
サンダルで背伸びしたよ
近付きたい 少しでも
夏の恋は終わらない
無防備なポンパドール
「最高の笑顔 みせて?」
巡る季節 いつだって
隣にはキミがいてくれる