南の花嫁さん

作詞:藤蒲洸    作曲:任光
合歓木の並木を
子馬の背に ゆらゆらゆらと
花なら赤い カンナの花が
散りそで散らぬ 花びら風情
隣りの村へ お嫁入り
『おみやげは何』
『籠のオーム』
言葉をたったひとつ
『いついつまでも』

椰子の葉蔭に
真赤な夕陽が くるくるくると
廻るよ 赤い ひまわりの花
たのしい 歌に ほゝえむ風情
心は おどる お嫁入り
『おみやげは何』
『籠のオーム』
言葉をたったひとつ
『いついつまでも』

小川のほとり
子馬をとめて さらさらさらと
流れにうつす 花よめすがた
こぼれる 花の 花かんざしに
にっこり 笑う お月様
『おみやげは何』
『籠のオーム』
言葉をたったひとつ
『いついつまでも』