Itaiyo

作詞:Kiyoshi Ryujin    作曲:Kiyoshi Ryujin

ねえ きみが思っている程 ぼくは馬鹿じゃないよ
鈍感なフリするのも 堪えられなくなってきたんだ
ぼくのために さりげなく隠している過去も
たまにつくやさしい嘘も 気付いているんだよ

きみが使う ことばひとつで ぼくはいつも 胸が痛いよ

平然と振る舞うぼくも 内心は穏やかじゃないよ
全神経を尖らせて 君を探ってるの
乱れる呼吸 泳いでる目 はぐらかす表情
一挙手一投足が 恐くて仕方ないんだよ

きみが作る しぐさひとつで ぼくはいつも 胸が痛いよ

気に入ってるその洋服も ヘアースタイルや厚化粧も
思い出話も 価値観も 喜怒哀楽も
変な癖のあるキスも ベッドで喘ぐ声も
ぼく以外の誰かにも見せていたんでしょう

きみが使う ことばひとつで ぼくはいつも 胸が痛いよ
きみが作る しぐさひとつで ぼくはいつも 胸が痛いよ

やさしい嘘をついてまでも 喜ばせるよりもさ
本当のことを言ってくれよ そして ぼくを悲しませて

気付いたらぼくはもう 独占欲に溺れていて
エゴイズムを振り翳して くだらない愛を語っていたよ
でもぼくはきみが好きで どうしようもない程に 好きなのさ
これだけは 信じて欲しいんだよ

きみが生きる ひとつひとつが ぼくにとって 喜びなんだ
きみが生きる ひとつひとつが ぼくにとって 悲しみなんだ
胸が痛いよ 胸が痛いよ 胸が痛いよ

ぼくが抱く この思いは きみにとって 愛と言えるの?
教えてくれよ 教えてくれよ 胸が痛いよ