敵タナトスを想起せよ!

作詞:松本隆    作曲:細野晴臣

涙ぐんだような碧めた月が
うとうとうとうとしている隙に
忍び込んで来て 部屋を浄っている
何かが近づく気配がしている
壁や床板の密やかな息に
雨が吹きなぐる とても おかしいな夜だった

時が羽撃いて辺りを顫わす
底知れず深い二月が漂い 眩瞑く弾ける
敵がいるんだ硝子のように
冷いつめたく螺子曲がった針の
背後に蟄れている とても おかしいな夜だった

暖い布団を 暖い布団を
温々くと纏う 私は冷い
何を怨うか 何を呪うか
硝子壜の底で喘ぎ苦しんで
可笑しくもないのに 笑い出したかった
冷静に落ちるとても おかしいな夜だった