楽曲

月の裏側のお姫様 -Len ver.- (feat. 鏡音レン)

試聴する フル再生

作詞:デッドボールP     作曲:デッドボールP



月の裏側のお姫様 僕のこと覚えてますか?
もしもこの歌届くならば お願いします
やらせて下さい

なよ竹のかぐや姫様 いつも僕らに背を向けて
うなじばっかり見せられて 我慢できません

無理難題を押し付けて 君は結局処女のまま
わざわざ月からきといて 変な話だね

燕の子安貝も 龍の首の珠も
ホントは 君が持ってるんでしょ?

一発 やらせて下さい やらせて下さい
うなずいてくれたら そこへ行こう
汗ばんだ背中に 舌を這わせたい
春には乙女見上げながら君を想う

一発 やらせて下さい やらせて下さい
いいえと言われたら 押し倒そう
嫌がる君の服を 無理矢理脱がせたい
夏は白鳥見上げながら君を想う

なよ竹のかぐや姫様 いつも眩しく輝いて
光が自分から出ると 信じきっていたね

散々誘惑しといて 君は月へ帰っていったね
地球で育てられたのに 変な話だね

仏の石の鉢も 火鼠の衣も
ホントは 君が持ってるんでしょ?

一発 やらせて下さい やらせて下さい
手を伸ばしたら つかめそうだね
二人で手をつないで 散歩とかしたい
秋はペガサス見上げながら君を想う

一発 やらせて下さい やらせて下さい
目を凝らしても もう見えない
まぶたに焼きついてる 笑った横顔
冬はオリオン見上げながら君を想う

月の裏側のお姫様 君のこと忘れはしない
もしもこの歌届くならば 笑ってください