道標

作詞:篠原仁志    作曲:徳永英明

語り尽くせない夢を 語りあった
強がりだけの心を 支えあった
数えきれない夜明けを 重ねあった
不器用すぎる優しさ 分かちあった

瞳を閉じればそこに 18の二人がいる
思い出も 青い空も 色褪せはしないから

愛し続けてた 微笑みをたどれば
卒業写真の 君が笑っている

傷付けあって別れた 夜もあった
宛先のない明日を 誓いあった

つないだ指の隙間を 時だけが流れ過ぎた
さよならも言えないまま 逢えなくなったけれど

歩き続けてた 青春の舗道を
振り向けばいつも 君が隣にいる

匿名希望の街で 今日も僕は生きてゆく
ひとつになった心は 無口になったけれど

走り続けてた 傷付き汚れても
がむしゃらな僕の 選んだ道だから

愛し続けてた 微笑みをたどれば
卒業写真の 君が笑っている