楽曲

旅立ちの唄

試聴する フル再生

怖がらないで 手当たり次第に灯り点けなくても
いつか 一人ぼっちの夜は 明けていくよ
転んだ日は はるか遠くに感じていた景色も
起き上がってよく見ると なんか辿り着けそうじゃん
君の大好きだった歌 街に流れる
それは偶然が僕にくれた さりげない贈り物
Ah 旅立ちの唄 さぁ どこへ行こう?
また どこかで出会えるね ah
とりあえず「さようなら」
自分が誰か分からなくなるとき 君に語りかけるよ
でも もし聞こえていたって 返事はいらないから
大切なものを失くして また手に入れて
そんな繰り返しのようで その度新しくて
「もうこれ以上 涙流したり笑いあったりできない」と言ってたって
やっぱり人恋しくて
今が大好きだって 躊躇などしないで言える
そんな風に日々を刻んでいこう どんな場所にいても
Ah はじまりを祝い歌う最後の唄
僕は今手を振るよ ah
悲しみにさようなら
疲れ果てて足が止まるとき 少しだけ振り返ってよ
手の届かない場所で 背中を押してるから
Ah 旅立ちの唄 さぁ どこへ行こう?
また どこかで出会えるね ah
とりあえず「さようなら」
自分が誰か忘れそうなとき ぼんやり想い出してよ
ほら 僕の体中 笑顔の君がいるから oh
背中を押してるから でも返事はいらないから いらないから