白樺の小径

作詞:佐伯孝夫    作曲:佐々木俊一

白樺の この径は
想い出の さみし径
雨にぬれ 風にゆれ
白い花が 咲いていた
あの人は あの人は
わたしひとりを おいてった
熱い吐息で やさし心で
きっと 迎えにくるから 待っててと

夢の間に 夢のよに
春はゆき 夏もすぎ
何ゆえに 何ゆえに
こんな哀しい 秋が来た
あの人は あの人は
わたしひとりを おいてった
忘られぬ あの言葉
きっと 迎えにくるから 待っててと

きっと 迎えにくるから 待っててと