雪の川

作詞:幸田りえ    作曲:幸斉たけし
冬に女が ひとりでいたら
胸にも雪が 降ると言う
冷たく震える その肩を
この手の中で あたためる
さびしさと せつなさが ひとつになって
溶けて流れる 雪の川

ひとり呑む酒 おまえが浮かぶ
風に吹かれる 縄暖簾
男の心は 弱いから
酔って深酒 するたびに
さびしさと せつなさが 吹雪になって
凍りついてる 雪の川

離れ離れで 見ていた月も
今日は微笑む 朧月
ふたりでいたなら それだけで
幸せなのと すがりつく
さびしさと せつなさが 涙になって
春に流れる 雪の川