麦わらぼうし

作詞:吉岡 亜衣加    作曲:吉岡 亜衣加

潮の香りが通りすぎて
ひどく静かな夜の海
線香花火の音に照らされて
二人は少し色っぽくなる

久しぶりの自転車
Tシャツ つかんでたけど
本当はぎゅって したかった

ねぇ 私のこと好き?
想ってるだけなら いいでしょう
ねぇ 私のこと好き?
・・・想ってるだけなら いいでしょう

麦わらぼうし とんでかないで
残った花火 さみしくみえる
麦わらぼうし ここにいてよ
もう少し君と 一緒にいたい

風が背中を吹いて
ひどく切ない気持ちで
無邪気に赤いリボン
泳いでた

ねぇ もうこれ以上は
わがままも言わないから
ねぇ 振り向いて笑顔で
「さよなら」 手を振って

麦わらぼうし 遠くなってく
波の声も 歌う声も
麦わらぼうし 変わらずいてよ
また会える日は 笑っていよう

麦わらぼうし 飛んでかないで
残った花火 さみしくみえる
麦わらぼうし ここにいてよ
もう少し君と 一緒にいたい