抜刀隊

作詞:外山 正一    作曲:ルルー

我(われ)は官軍(かんぐん)我(わが)敵(てき)は
天地(てんち)容(い)れざる朝敵(ちょうてき)ぞ
敵(てき)の大將(たいしょう)たる者(もの)は
古今(ここん)無雙(双)(むそう)の英雄(えいゆう)で

之(これ)に從ふ(したがう)兵(つわもの)は
共(とも)に慓悍(ひょうかん)決死(けっし)の士(し)
鬼神(きしん)に恥(はじ)ぬ勇(ゆう)あるも
天(てん)の許さぬ(ゆるさぬ)叛逆(はんぎゃく)を
起しゝ(おこしし)者(もの)は昔(むかし)より

榮えし(さかえし)例(ためし)あらざるぞ
敵(てき)の亡ぶる(ほろぶる)夫迄(それまで)は
進めや進め諸共(もろとも)に
玉(たま)ちる劔(つるぎ)拔き(ぬき)連(つ)れて
死ぬる覺悟(かくご)で進むべし

皇國(みくに)の風(ふう)と武士(もののふ)の 其
身(そのみ)を護る(まもる)靈(たましい)の
維新(いしん)このかた廢(すた)れたる
日本刀(やまとがたな)の今更(いまさら)に

又(また)世(よ)に出(い)づる身(み)の譽(ほまれ)
敵(てき)も身方(みかた)も諸共(もろとも)に
刄(やいば)の下(した)に死ぬべきぞ
大和魂(やまとだましい)ある者(もの)の
死(し)ぬべき時(とき)は今(いま)なるぞ

人(ひと)に後(おく)れて恥(はじ)かくな
敵(てき)の亡ぶる夫迄(それまで)は
進めや進め諸共(もろとも)に
玉(たま)ちる劔(つるぎ)拔き連れて
死ぬる覺悟(かくご)で進むべし

前(まえ)を望(のぞ)めば劔(つるぎ)なり
右(みぎ)も左(ひだ)りも皆(みな)劔(つるぎ)
劔(つるぎ)の山(やま)に登(のぼ)らんは
未來(来)(みらい)の事(こと)と聞(き)きつるに

此世(このよ)に於(おい)てまのあたり
劔(つるぎ)の山(やま)に登るのも
我身(わがみ)のなせる罪業(ざいごう)を
滅(ほろぼ)す爲(ため)にあらずして

賊(ぞく)を征伐(せいばつ)するが爲(ため)
劔(つるぎ)の山(やま)もなんのその
敵の亡ぶる夫迄(それまで)は
進めや進め諸共(もろとも)に
玉ちる劔(つるぎ)拔き連れて
死ぬる覺悟(かくご)で進むべし