弥三郎節

作詞:青森県民謡    作曲:青森県民謡

一つァエー 木造新田の下相野
村の端ずれコの 弥三郎エー アリャ弥三郎エー

二つァエー 二人と三人と人頼んで
大開の万九郎から 嫁貰った アリャ弥三郎エー

三つァエー 三つ揃えて 貰った嫁
貰って見たとこァ 気に合わね アリャ気に合わね

四つァエー 夜草朝草欠かねども
おそく戻れば いびられる アリャ弥三郎エー

五つァエー いびられはじかれ
にらめられ 日に三度の口つもる アリャ弥三郎エー

六つァエー 無理な親衆に
使われて 十の指コから血コ流す アリャ弥三郎エー

七つァエー なんぼ稼いでも
働れでも つける油コもつけさせね アリャ弥三郎エー

八つァエー 弥三郎ァ家コばかり日コァ照らね
藻川の林コさも 日コァ照らね アリャ弥三郎エー

九つァエー ここの親達ァ皆鬼だ
ここさ来る嫁 皆馬鹿だ アリャ弥三郎エー

十ァエー 隣知らずの牡丹の餅コ
嫁さ喰せねで 皆かくす アリャ弥三郎エー