母と娘の10,000日 ~未来の扉~ duet with 八代亜紀

作詞:Angela Aki     作曲:Angela Aki

柔らかな陽だまりに座り
昔話をしている
そよ風で膨らむカーテン
レースの中でかくれんぼをしてる
少女がいたずらに微笑んでいる

洗濯物をたたむあなたの
背中が小さく感じる
子供のこぶしで叩いてた
肩は高くそびえ立つ山のように見えた
久しぶりに叩いてあげようか

明日名前が変わっても
あなたの娘なのは変わらないから
箱で持ち出せない記憶や思い出を
この胸に収めたくて 未来の扉を開く前に

柱に刻まれたいくつもの
日付を指でなぞると
背筋をピンと伸ばしたあなた
私を見上げ得意げに笑う
姿が蘇り涙がこみ上げる

明日名前が変わっても
あなたの母であるのは変わらない
親子で迎えた10,000の朝は
この胸で煌めいて 家族の扉を照らしている

七五三の着物から
ウェディングドレスへ
巡る季節の花を摘み
希望色のブーケを手にとって
さあ、手にとって

明日涙を隠しても
心に宿る感謝は隠さない
明日名前が変わっても
二人の絆は何も変わらない
白紙のキャンバス 幸せで染めて
恐れずに 恐れない
歩いていこう で歩いて行って
未来の扉の向こう側へ