旅の若者

作詞:水島哲    作曲:狛林正一
鈴かけそよぐ 泉の水に
かげをうつした 旅の若者
夕べの星が またたいて
やさしく空から言ったのさ
帰っておやりよ あの娘の胸に

栗毛の馬を 風よりはやく
走りつづけて 遠い道のり
流れる雲が追いついて
ふりむきながらに言ったのさ
もうじきなんだよ あの娘の村は

あの娘の村は ひとかげなくて
白いすみれが 一つ咲いてた
帰る日待たずに死んじゃった
あの娘の涙が土にしみ
ひともと開いた さみしいすみれ