じゃっ夏なんで

作詞:加藤丈夫    作曲:多摩川貞夫

ボクが随分素早く汽車から降りたタメ雲を焦がしたくらいさ
梶井基次郎の檸檬の中に出てくるような街の中は
埃っぽい匂いが立ち込める通り雨の後で
また鳴きだした蝉の声響く路地は駒絵と化したかのよう
遠くから聞こえる祭囃子 背筋を伸ばした 向日葵
横をすり抜ける少年の 飛び越す水溜りを跨いでから
ちょうどそこの角を曲がる 僕の視界に飛び込むのは
どこか大人びた君と モコモコと ソフトクリームのような入道雲

今までだんまりを決め込んでた風鈴達さえ 勢い騒ぎだしたのは
僕でさえはじめてみる君の浴衣姿の所為だけじゃなくて
その口元すっと引かれた紅の熱に浮かされた僕が
風をこう ドッと辺りに巻き起こしたからさ
神社への道はちょっとした賑わいを見せ ゆらゆら燃える陽炎 蝉時雨
浴衣姿薄化粧のそのほんの一寸赤い口紅の所為で
喉はカラカラさ 嗚呼 さいだあがあればこんな日は
でも君のリクエストに答えシャクシャクと 君と一緒に食べるカキ氷

夜ともなれば二人は誘蛾灯に誘い寄せられる虫たちのごとく
祭りに向かう人並みの中 ウスバカゲロウさ きみは
僕の呟き声に薄化粧を直した 君が振り向くとしたら
湯上りのシッカロールのにほいを ほんの少しだけフワっと夜風に乗せる
または"夏のFlora" カランコロン鳥居潜り カンラカンラと笑い声響く境内に 尺玉花火も加わり
君の口紅 紅を増し浮かんだ ホラ鹿も舞う夏の夜空
帰り道の川原はコロコロと河鹿鳴き 口に寄せる リンゴアメ