20号(アルバムver.)

作詞:上野啓示    作曲:上野啓示

落葉が濡れた舗道 埋まるようなスニーカーの音で
あわてて逃げる猫の 背中はそっと低い空ではねる

めずらしくまばらな 午後の国道を横切って
破れそうな紙袋 大事にかかえる

知りたかったことは 本にも地図にも書いてない
行こう 何ひとつ まだ始まってはいないのだから

奥歯で噛み潰した 苦い薬は効かなかった
あきれて言葉もなく つくり笑いでみんな出て行った

アスファルト工事は 始まってもう二週間になる
面倒な迂回路も 慣れてしまったよ

使わなかった傘は どうにもかさばるだけなんだ
それもいいだろう 何も終わってはいないのだから

言えなかった言葉は どうにもかさばるだけなんだ
行こう 何ひとつ 何ひとつ 始まってはいないんだ

知りたかったことは 本にも地図にも書いてない
行こう 何ひとつ まだ始まってはいないのだから