ココロ予報

作詞:丸本莉子    作曲:丸本莉子
期待し過ぎた 拍子抜けの映画みたい
人混みに埋れて かすんでゆく時間(とき)
帰りたいなんて かっこ悪くて言えない
散らかった部屋で 夜明けを待っていた

もうここから 逃げ出してしまおうか
それでも 歩き出すんだろう
わたしが選んだ道 上を向けば

雨が降ればやがて太陽が
この街を照らしてゆくように
幾つもの日々を越えてきた
大丈夫 大丈夫 大丈夫

強くならなきゃ 痛みを紛らわすように
そんな孤独を消した 電話の声
どんな時も 信じてくれている
帰る場所ならずっと変わらない
遠い空の下 あなたがいる

雨が降ればやがて太陽が
この街を照らしてゆくように
この先に待っているはずさ
大丈夫 大丈夫 大丈夫

負けないよ描いた夢は
そんなもんじゃ壊せない
ココロ予報は雨のち晴れ
叶える為に今ここにいる

雨が降ればやがて太陽が
この街を照らしてゆくように
幾つもの日々を越えてきた
大丈夫 大丈夫 大丈夫

雨が降ればやがて太陽が
この街を照らしてゆくように
この先に待っているはずさ
大丈夫 大丈夫 大丈夫

ゆらりら......