君たちのくれた夏

作詞:安藤芳彦    作曲:村田和人
また逢おうと手を振り
走り出したステーションワゴン
揺れ始める陽炎 消えてくまで見ていた

いつも ばらばらに集まって
波の具合を 噂してたね
何も約束はしないのに
いつも仲間に会えた この海

今も同じ色の 波が打ち寄せる

「電話するよ」がいつも あなたたちの口癖
あてになんかしてない 波まかせの毎日

誰か 一人だけを選んで
恋をするのは 少し悲しい
みんな 大切にしたいのに
君はずるいと 誰か言ってた

いつか傷つく事 知っていたけれど

通り過ぎた季節が 眩しいのは どうして
君たちのくれた夏 宝物にしている

時が変えるものは 景色だけじゃない

また逢おうと手を振り
走り出したステーションワゴン
揺れ始める陽炎 消えてくまで見ていた
もう二度と会えない 波の上の笑顔と
君たちのくれた夏 言えなかったさよなら