Maybe

作詞:森良太    作曲:森良太

宇宙を溶かしたみたいな瞳に
窓が映ってた とてもきれいだった

丘の上で溶けた真実のチョコレート
君の味がした とても甘かった

君は僕のそのネジを緩めてしまった
君が刻んだハイハット メランコリーなビート

ネイビー君の全てが歪んだ夜にまぎれて
滲んだ境目を何度も確かめ合った
メイビー君のすべてがマボロシになってしまう
どうにもできないなぁ ただ僕はずっと雨の音を聞いていた
眠っているフリをして。

軋んでいく夜に黄金のマーマレード
狂ってしまったんだ 僕ら孤独だった

ビルの屋上煌めく赤いライト
深い海にいたクラゲみたいだった。

君は何を追いかけてここまできたんだ
僕はうちに帰ろうともがいてただけ

ネイビー僕の全てが歪んだギターに埋もれて
かすれたこの声が君に届かなくても
ネイビー君の全てがマボロシに変わる前に
寂しさのその理由をいくつみつけられるのだろう
分かんないフリをして。

君は僕のそのネジを緩めてしまった
君が刻んだハイハット メランコリーなビート
ネイビー君の全てが歪んだ夜にまぎれて
滲んだ境目を何度も確かめ合った
メイビー君のすべてがマボロシになってしまう
どうにもできないなぁ ただ僕はずっと雨の音を聞いていた
眠っているフリをして。