帰り道のデザート

作詞:菅原達也    作曲:菅原達也

もう家に着いた頃かい
離れると同時に 幸せが背中を押してきてさ
不安と見つめ合うけど
寒い帰り道のデザートは 君がクスッてした顔

1と数えたら苦しくなって
2と数えたらいなくなっちゃいそうでさ
3は数えないようにしまっておくから
そう、ぐっぐってな感じ

初めて髪を触った日になって
お台場で世界で2人きりになって
あたし、海より星が見たいって言う
いちいち思い出になる
帰り道のデザート

もう寝ちゃいそうな頃かい
闇を飲み込んだ極楽が 僕を詩人にする
途中で止めちゃうけど
眠くなった夜のデザートは 君がうつした風邪

1と数えたらずるくなって
2と数えたら探り合っちゃいそうでさ
3は数えないように破いておくから
そう、ビリビリにしてさ

手と手をコピー機で印刷してみて
こんなに違うんだねって笑ってさ
違いが愛しくて手を触りたい
いちいち胸が萌えるよ
帰り道のデザート

初めて人に触った気になって
温かさに無駄に感動してるのさ
柔らかく揺れるから零さないように
いちいち歌を唄うよ
帰り道のデザート
グッナイ