恋ノ唄

作詞:前田たかひろ    作曲:水島康貴
いつもより小さな部屋だけど
ふたりだとなんだか広い
キミが歌うのを見てる
ワタシは泣いている
なんだかねシアワセで泣いてる

笑っちゃうほど 下手クソなのにしみる
キミが歌う恋の唄
わすれたいこと わすれられないことを
思い出せなくしてくれる‥‥

いくつかの恋もしてきたから
それなりに生きてきたから
傷がないわけじゃない
優等生でもない
でもキミと出逢って気づいたよ

ひとりぼっちで いた時間はすべて
キミと出逢うための準備
シアワセとかセツナイことに気づく
心になってゆくわたし

窓もない 空も見えない
部屋にあふれる
キミと言う名の陽だまり…

笑っちゃほど 下手クソなのにしみる
キミと歌う恋の唄
わすれたいこと わすれられないことを
思い出せなくしてくれる‥‥

どんな時も ひとりぼっちの時も
キミと歩く恋の唄
ふたりだったら キミとふたりだったら
わたしはもうひとりじゃない