ワンダーゲート

作詞:畠山凌雅    作曲:畠山凌雅・宮崎恵輔

語ろうと紡いだ 静寂は 詩人のよう
私に唄った 止まることなく 進む
その先の景色を

何度でも迷い
途中で見つけたもの
ひとつひとつこの手で 温めてる
本気で信じて止まないこと
落としては拾って 少し近づいた
To the gate of wonder

崩れそうな夜空
星たちが縫い止めた
ひたむきさに
酔って さ迷って 眠れば
原風景のデジャブ 痛いほど癒す

何度でも迷い 進むんだ
だってそうでしょ
新しさはときどき 懐かしくもあって
そんなとき君と 笑いたいんだよ
踏み出した今日が 明日の道になる
To the gate of wonder

山上に迫った
下弦の月 雲の上で休むよ
また夢を見ていた
君と私 空を落とすように
宇宙を蹴って

流星を浴びた
2つ目の惑星に降りて
浮かぶハンドルを回せば
どんな運命さえ自由自在

夢じゃなくまるで未完成のレシピ
朝が来た後で 開いた心に
さあ手を握って 連れていくよ
まだまっさらな荒野を進もう
終わることのない この旅を
迎えに行こう
それはどんな景色だろう?