Neon Tetra

作詞:鴨田潤    作曲:澤部渡

放課後のような街角を泳ぐ
ネオンテトラだろぼくらは

四、五年前なら語れた希望も
背広の前では儚げさにしても

ねたましいほどに気にしないきみはまだ
まっすぐ白いキャンバスに筆を走らせる

「芸術が人生にビジネスを迫ったら
あなたはおりるべきよ」とそんなこというなんて

悲しいよ

きみはぼくがまるで
メフィストと契約したかのように
冗談交じりで責め立てるけど

きみのその瞳 その口許に
宿る美しさの前じゃ
誰だってすべて
ささげたくなるさ
きみの才能が愛しい

舞いあがる風に色彩の宇宙ちりばめ続けるあなたの姿こそ芸術さ

ぼくらは進むよ
法律にも詳しくなって

ぼくらはまるで
ギャンバスを抱えた
ネオンテトラとパトロンのキャラバンさ
街角を泳いで

ぼくらは進むよ