君は乾杯のとき俺とだけグラスを合わせなかった

作詞:柴田隆浩    作曲:柴田隆浩

俺は気付いたんだ
みんなで乾杯したときに
君は俺とだけグラスを合わせなかった
考えすぎと言われるかもしれないけど
最悪のケースの場合も可能性としてはあるわけで
そう考えたら俺は急に君に気があること
絶対知られてはならんっていうか
知られてたまるかボケって思って
あえて隣の好きでも嫌いでもない女と
ほんとどうでもいい話をして無理して笑って
無理して君に聞こえるように大きな声で笑って
君のほうなんか見向きもせずに
隣の女のほうばっか見て
しかし第六感で君の様子を探る
君の声が聞こえる
「あたし何をやってもあの人と
価値観逆で困ってるの」
ってなになになんの話してんの
えっそれって彼氏のことですか
彼氏いるんですかどうなんですかとなる

それでも負けない俺は隣の女との会話を
ヒートアップさせる一方で第六感を研ぎ澄ます
…どうやら妹のことっぽい、ほっと安心
だけどこんなんじゃなんの進展もないわけで
ようやく勇気を出して君単体狙いじゃないけど
全体に向けてギャグをかましたら
君も笑ってくれて超可愛い もう行くしかねえ
君単体狙いじゃないけど全体に向けてこう言った
「ライブ、今度みんな観に来てよ!」って
君のほうなんか見れねえよ
でも恋はついに走り出した
そしたらいきなり隣の女が
「あ~ひとり興味ない人がいる~」って
指さすからその先を見たら君か
店を出て空を見上げたら星が見えて
こんな夜は星が切なくて綺麗だ
なんて思ってみたけど
星なんかより君のほうが全然可愛い、つらい

二次会に君は来ない 二次会に君は来ない