角兵衛獅子の唄

作詞:西條 八十    作曲:万城目 正
生まれて父の 顔知らず
恋しい母の 名も知らぬ
わたしゃ旅路の 角兵衛獅子
打つや太鼓の ひとおどり

情けを知らぬ 親方の
昼寝のひまに 空見れば
雁も親子で 帰るのに
わたしゃ越後へ いつ帰る

旅路にまたも 茶の花が
匂えば故郷(くに)を 想いだす
赤い万燈 村まつり
幼馴染が 忘らりょか