KKBOX Logo
KKBOX Logo

作詞:強    作曲:強


いま思えば あっけない恋だった
いつまでも いついつまでも
続くものだと勘違いしていた
それも長くは続かないね
この声も君には届かなくて
二人で紡いだ夢
泣いて笑ってばかり繰り返して
一日一歩づつ
君に遅れぬよう 日々十歩づつ
歩き疲れて
次第にお互いに別々の道へ
歩き出して
春になって桜が散って
すぐに暑くなって
蝉も静まり秋も深まり
雪も降らない真冬が恋の始まり

今、ひとつの恋が
終わりを告げた
腕の中で寝ている
寝顔が大好きだった
初めて手をつないだ
星空の奇麗な五月山
寒いから いや好きだから
優しいふりして
ギュっと手をつないだ

喧嘩もしたね 語りもしたね
星の真下で
昔話に花さかして
二人で笑いとばして
ただ傍にいて欲しくて
笑うその横顔が愛しくて
時間よ止まれだなんて
キザな言葉が頭をよぎる
さよなら また明日ね
日が変わる前に家に帰ろうって
それはまるで
ガラスの靴を忘れたお姫様
カッコつけすぎたかな?
でもこの想いはボクの宝
届かなかった想い裏腹
いつからか君 ボクの高嶺の花

今、ひとつの恋が
終わりを告げた
腕の中で寝ている
寝顔が大好きだった
初めて手をつないだ
星空の奇麗な五月山
寒いから いや好きだから
優しいふりして
ギュっと手をつないだ

ボクは今は
ここで大きな声で歌っているよ
遠くにいても 離れていても
側にいなくても
今でも元気してますか
車で聴いた曲憶えてますか
一生一緒にいてくれや
なんて曲も今は虚しく
同じくらいの気持ちあったけど
今はあとの祭り
明日につながるように
よそ見はせずに前を向いて歩く
後悔なんてしてないよ
あなたに会えて本当によかったよ
夜空見上げて愛が芽生えて
そして別れて
強くなれそうな気がして

今、ひとつの恋が
終わりを告げた
腕の中で寝ている
寝顔が大好きだった
初めて手をつないだ
星空の奇麗な五月山
寒いから いや好きだから

今、ひとつの恋が
終わりを告げた
腕の中で寝ている
寝顔が大好きだった
初めて手をつないだ
星空の奇麗な五月山
寒いから いや好きだから
優しいふりして
ギュっと手をつないだ

収録アルバム

五月山

KKBOXを起動

作詞:強    作曲:強


いま思えば あっけない恋だった
いつまでも いついつまでも
続くものだと勘違いしていた
それも長くは続かないね
この声も君には届かなくて
二人で紡いだ夢
泣いて笑ってばかり繰り返して
一日一歩づつ
君に遅れぬよう 日々十歩づつ
歩き疲れて
次第にお互いに別々の道へ
歩き出して
春になって桜が散って
すぐに暑くなって
蝉も静まり秋も深まり
雪も降らない真冬が恋の始まり

今、ひとつの恋が
終わりを告げた
腕の中で寝ている
寝顔が大好きだった
初めて手をつないだ
星空の奇麗な五月山
寒いから いや好きだから
優しいふりして
ギュっと手をつないだ

喧嘩もしたね 語りもしたね
星の真下で
昔話に花さかして
二人で笑いとばして
ただ傍にいて欲しくて
笑うその横顔が愛しくて
時間よ止まれだなんて
キザな言葉が頭をよぎる
さよなら また明日ね
日が変わる前に家に帰ろうって
それはまるで
ガラスの靴を忘れたお姫様
カッコつけすぎたかな?
でもこの想いはボクの宝
届かなかった想い裏腹
いつからか君 ボクの高嶺の花

今、ひとつの恋が
終わりを告げた
腕の中で寝ている
寝顔が大好きだった
初めて手をつないだ
星空の奇麗な五月山
寒いから いや好きだから
優しいふりして
ギュっと手をつないだ

ボクは今は
ここで大きな声で歌っているよ
遠くにいても 離れていても
側にいなくても
今でも元気してますか
車で聴いた曲憶えてますか
一生一緒にいてくれや
なんて曲も今は虚しく
同じくらいの気持ちあったけど
今はあとの祭り
明日につながるように
よそ見はせずに前を向いて歩く
後悔なんてしてないよ
あなたに会えて本当によかったよ
夜空見上げて愛が芽生えて
そして別れて
強くなれそうな気がして

今、ひとつの恋が
終わりを告げた
腕の中で寝ている
寝顔が大好きだった
初めて手をつないだ
星空の奇麗な五月山
寒いから いや好きだから

今、ひとつの恋が
終わりを告げた
腕の中で寝ている
寝顔が大好きだった
初めて手をつないだ
星空の奇麗な五月山
寒いから いや好きだから
優しいふりして
ギュっと手をつないだ