まだまだだ自分
収録アルバム
砂時計
アーティスト
遊助
リリース月

まだまだだ自分

作詞:遊助    作曲:Hiroyuki Himeno/遊助

馴染みの公園 ベンチで
一人たたずんでいたら
空に泳いでる 鳥がそっと寄り添って笑う

現実と今の自分に嘆いて投げ捨てたい気分
でも待ってもなんも変わりゃしないかと吐いた
たまに飲めるやけ酒の為に頑張ってる自分
でも酔っても次の日頭が痛いと罪悪感
やりたいからやってる人と

やらなきゃいけないからやってる人がいると
心のどっかで他人より勝ってるとこ探して
言い訳ばかりが空に舞ってる

まだまだだ 今ならまだ間に合う
夢描いて 胸に抱いて
飛び続けた羽をまだしまわないで
見上げた未来が無口でうつむいて見えても
その先に光があるのさ地面蹴り飛ばして
広げたその手に感じた風は
きっと今より優しい

昔描いてた自分とかけ離れても俺の言い分
それはやっても上手く行かなかった時ももがいたさ
アルバム開くと十分ある未来にどこか頼った随分
手を出さなくても近づいてくる物もあると思ってた

何かにのめり込める人と
それが何なのか分からない人がいると
心のどっかで他人事だからと目をそらして
自分の事ばかり嘆いてる

まだまだだ 今ならまだ間に合う
時に泣いて 笑顔見せて
飛び続けた羽をまだしまわないで
見上げた未来が無口でうつむいて見えても
その先に光があるのさ 地面蹴り飛ばして
広げたその手に感じた風は
きっと今より優しい

誰でも空にただ羽ばたきたいはずなのにまだ
見栄張って自分に飛ばない理由を
探してるから臆病になる

それなりに気付きながら現在(ここ)まで
たどり着いた場所がここならば

何が欲しいかまだ分からないなら
恐れないで 耳澄ませて
微笑んでるこの風を逃がさないで
見上げた未来が無口でうつむいて見えても
その先に光があるのさ 地面蹴り飛ばして
広げたその手に感じた風は
きっと今より優しい