楽曲

BLIZZARD

試聴する フル再生

作詞:熊谷和海     作曲:熊谷和海


編曲/Arranger:井上 薰、熊谷和海

真っ白に輝く世界へ
駆けていく

無情なる夜を厭い
暗闇に隠れ棲む俺の
ささくれた指先に
舞い降りた 君は雪

幾度 裏切られ
焼け野原の我が心に
無垢なときめきが今
吹き荒れる

真っ白に染まりゆく街を
君の手を引き 駆けていく
白紙の楽譜に刻む
麗かな旋律(旋律)

真っ新に変えてくれ 俺を
過去の傷も塗り潰して
震えるほど 愛しいBLIZZARD

盟神探湯(くがたち)に
火傷負いたる 咎人(とがびと)や
燻(ふす)ばず歩め 斎(ゆ)つまほろばへ
陽炎(かぎろひ)を 追ひまどはして 潮垂るる
汝(な)が衣手に 雪は降りつつ

静かなのに 明るい
冷たいようでいて 温かい
俺の黒いところも
包む込む 君は雪

「妬かれて 焦がれて
恋は火炎地獄のよう」
そう怯えていた
君と出逢うまで

真っ直ぐに凍りつく眼
永遠に見つめ合っていたい
絶え間なく降る 愛の
言葉の結晶

その正体が雪女で
木乃伊(ミイラ)にされる運命だって
構わぬほど 愛しいBLIZZARD

空なる 石火の想ひに 燃ゆ身ほど
其こそまことの 恋といふらむ
かかる世を 心憂がりて 仰ぎ見ば
火より眩しき 雪ぞ降りける

真っ白に染まりゆく街を
君の手を引き 駆けていく
白紙の楽譜に刻む
麗かな旋律(旋律)

真っ新に変えてくれ 俺を
過去の傷も塗り潰して
震えるほど 愛しいBLIZZARD

凍えるほど 愛しいBLIZZARD