序曲(冬の朝)

作詞:志磨遼平    作曲:志磨遼平
夜明けの街を見下ろすふたり
──東京に、朝が来る

いつか見た風景と コトコトなく薬缶
「...風見鶏、寒くないの?」群青色の部屋の外

東京の街はふたりのもの
夜と朝のあいだだけ
グンナイベイビー、もう眠ろう
動きだす街の子守歌で

夜明けの街を見下ろすふたり
──東京に、朝が来る

(セリフ)
窓辺に立って彼女が外の寒さを確かめます
ストーブにかけた薬缶がキン、キンと音をたて
一番列車 もう間もなく
遠くで車のタイヤが道をはぜる
そろそろ朝が来ますよ…!東京の街に
川のむこうにも 中央線にも
青山にも 環七にも 若者たちにも
おはよう東京 冬の朝だよ
おはよう おはよう おはよう