五月の空

作詞:    作曲:

手かざし仰ぐ空は 五月の風
鳴く雲雀

幼い頃の匂い 父さんと来た
つつじ道

手を繋いでた 包まれていた
若葉揺れる 木漏れ陽

守られている 許されている
今も続く道

笹の葉觸れる風は 耳清しき
さやさやと

冷たい季節想う 耳閉ざした
風が刺す

背を向けていた 俯いていた
心揺れた過ぎし日

形を変えて たゆたう雲は
空に溶けゆく

手かざし仰ぐ空は 五月の風
心地よく

つつじの蜜は ほの甘い