202

作詞:千野隆尋    作曲:伊丸岡亮太

風にさらわれた雲 鉄塔の上を飛ぶ
離ればなれのあの子探しに 青く澄んだ空の話。

何も気づかずに朝が来て
何も気づかずに夜が来ました。

何も気づかずに朝が来て
何も気づかずに夜が来ました。

夕に照らされた雲 太陽の下に揺れ
ピンク色に頬を染めてく 赤く焼けた空の話。

何も気づかずに朝が来て
何も気づかずに夜が来ました。

何も気づかずに朝が来て
何も気づかずに夜が来ました。

ありがとう。
ごめんね。
また明日。。

ありがとう。
ごめんね。
また明日。。

ありがとう。
ごめんね。
また明日。。

ありがとう。
ごめんね。

夜に染められた街 幾千の電球が
幾千の星をしまいこんだ 黒く滲む空の話。

何も気づかずに朝が来て
何も気づかずに夜が来ました。
何も気づかずに今日が過ぎ
何も気づかずに明日が来ました。

ありがとう。
ごめんね。
また明日。。

ありがとう。
ごめんね。
また明日。。

ありがとう。
ごめんね。
また明日。。

ありがとう。
ごめんね。