銀河鉄道のペンギン (feat. nicamoq)

作詞:Yunomi    作曲:Yunomi

遠く汽笛が鳴り響いている 真夜中
街の灯火がひとつ消えた さよなら
届かない想いは そうきっとなゆた
けど今星がほらひとつ増えた

懐かしい歌だけ思い出すんだよ
あなたのやさしい声
飛べない僕はチケットを
握りしめ汽車に乗る

何億光年離れていても
手を伸ばす僕はペンギン
故郷の海にきっと映る
あなたを想うよ

銀河鉄道は僕を乗せて テイク・ミー
夢も絶望もふっと揺れて セイブ・ミー

こぼれたミルクみたいな川を渡って
白鳥の停車場を過ぎたら夜汽車は
サウザンクロス 石炭袋を目指して
胸の霧もきっと晴れるのでしょう

窓の外 流れ星
まるで思い出みたい
何気ない日常を
真っ黒なこのキャンバスに
散りばめて輝くよ

何億光年ワープしたら
あなたに届くのペンギン
故郷の海の塩辛さも
忘れてしまうよ

本当の幸せをいつか
僕は見つけられるのかなあペンギン
他には何も要らないよ
あなたじゃなきゃイヤだよ

銀河鉄道は僕を乗せて テイク・ミー
故郷の星を遠く離れてセイブ・ミー
銀河鉄道は僕を乗せてテイク・ミー
夢も絶望もふっと消えて セイブ・ミー