シャツとブラウス

作詞:只野菜摘    作曲:広川恵一(MONACA)

シャツとブラウスのように
おなじものでできてる だけど
ひかれあうように僕たちは
少しずつ ちがっているんだ

丸い襟もと少しうつむいた頬に
白く かわいらしい半袖がまぶしい

まけたくなんかないよ 風のなかで
きみの瞳 その視線を
奪って先へと 駆けぬけたい

ほしいものは そうさ すごい笑顔
オリーブの枝が揺れる
ほほえんだ天使のリボンに
みとれちゃってた

にわか雨に降られて
シャツとブラウスは今
青い 雨上がりの空の下
乾くのを 並んで待ってる

放課後 グラウンド
みんなおそろいのスニーカー
きみのサイズの小ささに いとしくなる

まもりたいよ ずっと強くなるよ
違うことをみとめあえる
やさしさが愛にかわっていく

そんなときがいつか おとずれたら
祝福のベルが響く
僕たちは すてきな大人になっているかな

Yes Yes! We can become
Yes Yes! We can do
Yes Yes! We can go
Yes! We can fly

雨も涙も 乾いたシャツとブラウス
白い けがれなさが似合うひとでいたい

まもりたいよ ずっと 強くなるよ
違うことをみとめあえる
やさしさが愛にかわっていく

そんなときがいつかおとずれたら
祝福のベルが響く
僕たちは すてきな大人になっているかな