高砂縁歌

作詞:星野哲郎    作曲:船村徹
高砂や親の許さぬ 男と逃げて
式もせぬまま二十と五年
浮世寒風辛らくはないが
切れた親子の 絆に泣けた

高砂や店も持てたし 繁盛もしたが
何か足りない 銀婚祝い
それを子供が察してくれて
呼んでくれたよ年寄たちを

高砂やがんこ親父の勘当もとけて
めでためでたの二十と五年
金の屏風に遅まきながら
祝い涙の 真珠が光る