比叡の雪

作詞:秋浩二    作曲:聖川湧

紅葉の匂い嗅ぎつけて
木枯らしが吠えながら
比良から駆けてくる

恋に背かれ夢を裂かれて
さ迷う比叡の ひとり旅

山が泣いたら 雲が泣いたら
女が泣いたら

からんころんと
からんころんと 雪が降る

指輪の傷跡いたわれば
なぜ涙止まらない
大原三千院

帰る場所も陽だまりもない
さすらう比叡の ひとり旅

山が泣いたら 雲が泣いたら
女が泣いたら

からんころんと
からんころんと 雪が降る

彩る横川の夕暮れに
琵琶湖越えの北風が吹き
煙雨 凍らせる

こんなわたしは忘れていいわ
さ迷う比叡の ひとり旅

山が泣いたら 雲が泣いたら
女が泣いたら

からんころんと
からんころんと 雪が降る