淡墨桜

作詞:下地亜記子    作曲:徳久広司
下へ下へと 根を伸ばし
雨風 嵐に 耐えて立つ
優しく清く しなやかな
母によく似た その姿
あの故郷の 山里で
凛と咲いてる 淡墨桜

夢は枯れない 散らさない
待つほど大きく 育てます
哀しい時も ほほえみを
胸に咲かせて 生きてゆく
無口の母の 面影が
花に重なる 淡墨桜

泣いた分だけ 倖せが
必ず来るよと 母の声
根雪は溶けて 川になる
蕾開いて 夜は明ける
私の春も きっと来る
咲けよ匂えよ 淡墨桜