スピカ~あなたがいるということ~

作詞:山下穂尊    作曲:山下穂尊

あなたがいるということ
それだけで温かいんだよ
眠れぬ夜に灯る確かな輝き
いつまでもそばにいて
なんて照れ隠しするけど
叶えあえるものがそこにある

形あるものがあるように
形ないものもそこにある
風の中凛として咲く花の香りがあるように
毎日がまた過ぎて行くよ
消えない夢をまた手探る
そんな日にあなたの歌う声が頭のなか巡る

探していた憧れは 夜空に咲くスピカの蒼さで
そう小さな光だけどその声を聞かせて

あなたがいるということ
それだけで温かいんだよ
眠れぬ夜に灯る確かな輝き
いつまでもそばにいて
なんて照れ隠しするけど
叶えあえるものがそこにある

半年が一年へ変わり 気がつけば三年目の春
この街に私が残せたのは何色の跡だろう

いつまでもね変わらずにいられると信じてる
私は この夢物語の先
深く息を吸うの

あなたとつながること
それだけは信じたいんだよ
曇り空の闇にふと見えたぬくもり
これからも消えないで
私は今日も歩くよ
支えられてるから 今がある

あなたを見つけた日を
忘れられはしないんだよ
春風に仰ぎ見た小さな星屑
あなたがいるということ
私がいるということ
奏で合える言葉 ここにある