いつか終わること

作詞:児玉一真    作曲:児玉一真

いつから知ってた終わること
いつか終わるのが怖かった
止まっては泣いて泣いては隠した

いつの間にか日は暮れて
いつの間にかもう忘れて
いつか思い出す 季節が変わってた
終わりが近づく 赤は流れてく

手を振るみたいに羽ばたくよ
誰が見ていなくたって
僕はここで優しい灯を燈すんだ

こんなに君は綺麗だった
その中で僕は生きていた
そして灯が燈る頃に僕は行くよ

いつから知ってた終わること
いつも忘れてただけだった
そして思い出す確かな季節を
生きてきたことを赤が燃えている

手を振るみたいに羽ばたくよ
誰が見ていなくたって
僕はここで優しい灯を燈すんだ

こんなに君は綺麗だった
その中で僕は生きていた
そして灯が燈る頃に僕は行くよ

手を振るみたいに羽ばたくよ
誰が見ていなくたって
僕はここで優しい灯を燈すんだ

こんなに君は綺麗だった
その中で僕は生きていた
そして灯が燈る頃に僕は行くよ

灯が燈る頃に僕の灯は消えるよ
それでも それでも