桜の風吹く街で

作詞:作曲:首藤義勝    作曲:作曲:首藤義勝

ふわっとした景色が続く坂を登ったら
薄い雲が覆う月の下 まだらな月の下

きっと三月は終わる 微熱の心模様
忘れた手紙は胸の中 いまだに胸の中

魔法をかけられた ベットタウンの片隅
多分もう気づいているんでしょう
さよならの歌に気づいているんでしょう

桜の風吹き抜けて 迷っているんだ夜明け前
東の果て空の色 グラデーションは君に似てるね

きっと三月は終わる 微熱の心模様
ぬるま湯の 空泳いでるみたい
未来は分からないけど 今ほら

桜の風かき分けて 探しているよ君のこと
でたらめな季節が終わり 大粒の雨に濡れたら
水たまりの隣で 歌っているよ君のこと
消えない歌があるなら 今すぐ聴かせて欲しいな

冷たい通り雨が 心奪う音
次の季節の音

桜の花 散るたびに 探しているよ君のこと
流れる星は瞬き 花びらが夜を照らせば
桜の風吹く街に 晴れ渡った朝が来る
あの日声枯らした歌は 歌えずにいるけど
僕は行くよ もうさよなら