写窓

作詞:千野隆尋    作曲:千野隆尋

さらって五時半 揺らいだ想いなら瞼の裏にあるよ
溢した言葉も 落とした涙も 今では行方不明

太陽は何処に行くんだろう?昨日は何処に居るんだろう?
それでも回って 回って
近づく体と 遠のく心を 電車は機械的に
夜へガタンゴトン引き摺る

遠く ずっと遠く向こうで
泣いているのは いつかの陽炎
遠く ずっと遠く向こうで
離してしまったら 繋げない右手でバイバイ

流れるスライド なぞる写し絵 何で幸せなの?
刺さった言葉も 混ざり合う涙も 今では行方不明

太陽は何処に行くんだろう?明日は何処に居るんだろう?
それでも回って 回って
近づく未来と 遠のく二人を 時間は当たり前と
ビルの夕影を伸ばす

遠く ずっと遠く向こうで
鳴いているのは いつかの蜩
遠く ずっと遠く向こうで
離してしまったら 繋げないあなたと

何処まで影を伸ばすんだ? 此のまま影が重なって
すべてが夜に沈んだら 涙を一粒私にください

遠く ずっと遠く向こうで
泣いているのは いつかの夕立
遠く ずっと遠く向こうで
離してしまったら 繋げない右手を
繋いで赤らむ いつかの写窓に バイバイ