宝物
収録アルバム
変身
アーティスト
吉田山田
リリース月

宝物

作詞:山田義孝    作曲:山田義孝

遠く離れてても孤独に溺れても
強く握りしめたその手が離れても
独りにはなれない

オシャレを忘れた母親を 女のくせにと責めるなかれ
無邪気だった君を守る為に 迷わず選んだ戦闘服
疲れ果てて眠る父親を だらしが無いと見誤るな
今は握らぬその拳は 硬く分厚く 君を支えてきた

争いあう時も許し合えぬ時も
同じ命を分かち合い生きているなら
遠く離れてても孤独に溺れても
強く握りしめたその手が離れても
独りにはなれない

元気なくせに急にあなたは「私がもし死んだらね」とか話し出す
その言葉の先を聞かぬよう 早く眠れよとドアを閉めた

憎しみに似た愛おしさ 温もりに似た寂しさ
台所からカレーの匂い「よく似てるね」と言われるのが嫌だった

胸が痛む訳を僕はまだ知らない
言葉に出来ない理由もまだ解らない
家を出るその日にあなたがくれたのは
苛立ち遠ざけた宝物でした