Something like a romance

作詞:山中さわお    作曲:山中さわお
しびれる感じが また一つ
僕の中で 増えたのは
知らなくていい夢をのぞいたから

見え透いた優しさの上で
目眩いをこらえてたのも
二人のスピードを信じてたから

沈む夕日を見ていた
お互いの 表情 がわからなくなるまで

約束の鐘が聞こえたら
別々に歩きだそう
清らかなメロディーだけを胸に

時が無口になる頃
あてはめた 幻 は意味をなくした

そして二人の魔法はとけたのさ
出会った日に キミをちょっと
振り返った僕はもう いないよ

そして二人の魔法はとけたのさ
出会った日に キミをちょっと
振り返った僕はもう いないよ

チクチク痛い涙 こぼれて
傷つけたこと思い出させる
僕のせいでも
仕方なくても
悲しい