手のひら
収録アルバム
ふたりの空
アーティスト
飯田 舞
リリース月

手のひら

作詞:飯田舞    作曲:飯田舞

古くなった街灯と夜風の匂い
きっとボクはあの頃と何も変わってない

とり残されたように一人で
赤信号を見ていた
最終の電車のベルが遠くから聞こえた

いつかたどり着くと信じここまできたけど
都会の流れに決意さえにじんでゆく

誰にも約束されていない明日を待つなら
目の前にある今をどう生きるのか

叶えたい願いがあるのなら
今できることがある

明日もしも世界が終わっても
誇れる自分になりたい

強がる僕にキミは笑顔で大丈夫だよと
小さな手のひら何よりも暖かくて

誰にも約束されていない明日を待つなら
確かな今を両手で守りたいよ

他の誰でもなく 君のため
今できることがある

明日もしも世界が終わっても
キミが誇れる自分になりたい