作詞:喜多條忠    作曲:南こうせつ
妹よ
ふすま一枚 隔てて今
小さな寝息を たててる妹よ
お前は夜が 夜が明けると
雪のような 花嫁衣裳を着るのか

妹よ
お前は器量が悪いのだから
俺はずい分 心配していたんだ
あいつは俺の友達だから
たまには三人で 酒でも飲もうや

妹よ
父が死に母が死に お前ひとり
お前ひとりだけが 心のきがかり
明朝お前が 出ていく前に
あの味噌汁の 作り方を書いてゆけ

妹よ
あいつは とってもいい奴だから
どんなことが あっても我慢しなさい
そしてどうしても どうしても
どうしてもだめだったら 帰っておいで
妹よ……