風と星とメビウスの輪

作詞: 桜井和寿    作曲:桜井和寿

抱かれて 磨かれて
輝くことで また抱かれて
君と僕がそんなメビウスの
輪の上を歩けたなら

時流(とき)の早さ 命の重さ
確かめるように ほら一歩ずつ
疲れたら 青空に心を泳がせて
風の唄でも聴こうか 聴こうよ

時流の早さ 命の重さ
確かめるように
人の弱さ 心の脆さ
かばいあうように また一歩ずつ
暗闇に迷うなら
心に光ってる星を頼りに進もうか

愛されて 優しくなれて
その優しさ故に愛されて
君と僕がそんなメビウスの
輪の上を笑いながら
寄り添って歩けたなら

寄り添って歩けたなら