魚たちのLOVE SONG

作詞:秋元康    作曲:渡辺拓也

水の中では沈黙だけが
すべてなんだと思っていました

どんな光も辿り着けずに
深い暗闇が底にありました

そんな閉ざされた世界でも
愛のうたを歌いたい
ささやかな願いが
泡になってしまおうと…

魚たちのLOVE SONGは
そうきっと存在するのでしょう
愛する誰かがいるのならば…
私たちに聴き取れない
消え入りそうな歌声は届いてる
募った想いを伝えている

瞳 閉じれば聴こえるでしょう
遠いどこかで広がる波紋を…

どんなキレイな感情も水の壁が遮って
祈ってた奇跡が力尽きてしまうように…

魚たちに言葉はある
お互いに会話をするのでしょう
自分の気持ちを形にして…
メロディーを口ずさんで
愛しさがその胸に運ばれる
恋の水音が響くように…

広い広い海のその片隅で
青い水面(みなも)に跳ねた水しぶきが
いくつも見える
あれは確かに魚のデュエット

歌うみたいに泳ぎ続ける

魚たちのLOVE SONGは
そうきっと存在するのでしょう
愛する誰かがいるのならば…
私たちに聴き取れない
消え入りそうな歌声は届いてる
募った想いを伝えている