Girl's Searchlight

作詞:管梓    作曲:管梓

ほつれた夜の残り香を辿っても、
それぞれの孤独を重ねるには少し足りなくて、
歌われやしない歌に似た感傷に
包まれたあなたの体温も忘れちゃうのかな。

いろはにほへど散ることを知る――
2月の雨のあとで。

さようならサーチライト。
あなたの形の美しい闇を抱いたまま生きてゆく。
静かに照らした白い指先は
そっと祈るように愛を裂いてくれ。

古ぼけた部屋。
その窓をよぎるのは、いまよりも
少しあどけないあなたに見えた。

あさきゆめみしいつかの暮らし、
かすれゆく言葉の果て。

憧れはサテライト。
あなたの周りを定めのままに巡り続けるけれど、
いずれ費やした命を燃やしたら
そっと舞い戻って、海に降るよ。

ふたりの不甲斐ないすべてを潮汐のせいにして、
明日が奪い去ってゆくのはあの夜の「その先」だ!

さようならサーチライト。
あなたの形の美しい闇を抱いたまま生きてゆく。
静かに照らした白い指先は
そっと祈るように愛に咲いてくれ。