冷たい炎

作詞:秋元康    作曲:山田高弘

どこかの野良猫みたいに
ある日 転がり込んで来た Oh Oh
ノルウェーのソファーの上に
住みついてしまった

Ohバーボン 勝手に飲んで
古いジャズ 静かに聴いてる
邪魔じゃないからそこにいたっていい
Up to you

それを愛と呼べるか
わからないけど
一人でいるより落ち着くかも…
まさか 昔の彼と寝ているなんて
友達に話すのも面倒くさい
関係

合鍵 まだ持っていたなんて
何だかあなたらしくない Oh Oh
心の宝石をすべて
盗まれたトラウマ

Ohソファーの隣 寝転べば
懐かしいぬくもりの比重
だけど 今さら 2人は始まらない
No thank you

それを愛と呼べるか
聞きたくなるよ
答えてしまうと息苦しいね
まるで 冷たい炎 燃えているようで
思い出のすきま風にちらちら揺れる
遠く

月日がどんな流れても
昨日のことのように思える
ハートの中で停電あったような
My sweet pain

それを愛と呼べるか
わからないけど
一人でいるより落ち着くかも…
まさか 昔の彼と寝ているなんて
友達に話すのも面倒くさい

それを愛と呼べるか
聞きたくなるよ
答えてしまうと息苦しいね
まるで 冷たい炎 燃えているようで
思い出のすきま風にちらちら揺れる
遠く