暑い夏

作詞:加奈崎芳太郎    作曲:加奈崎芳太郎
暑い夏には縁側に腰かけ
かき氷食べながら 昼寝したいな
扇風機もない部屋で汗をこらえ
身動きもできずに僕は待ってる

風の通らない部屋
何故か君だけが吹きぬける

今年もやってきた暑い八月
今年は何故か君がいる
くるくる回る扇風機に
くるくる映る君の影

風の通らない部屋
何故か君だけが吹きぬける

麦わら帽子に下駄をはいて
裏の小川で水遊び
僕は今年もこの街で
帰ろうともせずに君を待ってる

風の通らない町
何故か君だけが通りむける